勝ち株ナビ

FP菱田雅生コラム
投資の前にコレだけは知っておこう!

前の記事

次の記事

公開日 2021年4月28日

【4/28】第298回 「コロナのおかげ」を考えてみよう!

3回目の緊急事態宣言が出される状況になりました。私の自宅と事務所のある千葉県柏市は、緊急事態宣言区域ではないものの、まん延防止等重点措置区域に該当します。近所の飲食店などは、時間短縮もしくは休業しています。
 確かに、新型コロナの変異株も出てきていて、感染が再び広がりそうな状況になってきているので、仕方のないことだとは思いますが、早く収束に向かってほしいものです。
 いまのところ、株価には大きなマイナスの影響は出ていません。しかし、これでさらにオリンピックの開催が厳しい状況なってくると、株価の調整局面が長引く可能性もあります。買いのタイミングを計りたいと思っている人は、しばらくは様子見が無難かもしれません。
 とはいえ、暗い話ばかりを目や耳にしていると、気分も落ち込みます。落ち込んだ気分で仕事をしても、きっと成果は上がりません。また、落ち込んだ気分だと、いい発想も浮かばないはずです。暗い話を目や耳にすると、その日1日が暗い1日になってしまうのです。
 特に、高齢の方々に注意していただきたいのが、朝からTVのニュース番組やワイドショー番組を見て、暗いニュースなどを目や耳にしてしまうことです。ただでさえ、外出を控えるように言われ、気分も落ち込みがちなのに、さらに追い打ちをかけるように暗いニュースが目に飛び込む。気分はもっと落ち込みます。
 これを機会にTVから卒業しましょう。どうしても最新のニュースを知りたかったら、ネット上の文字情報だけで確認してください。映像の情報は、脳に残りやすく感情も揺さぶられやすいからです。
例えば、10年前の震災の津波の映像はまだ脳裏に残っていますよね?それから、20年前の世界貿易センタービルに飛行機が突っ込む映像も脳裏に残っていますよね?
私たちの脳はそういう仕組みになっているので、暗いニュースは文字情報で確認するくらいのほうが安全なのです。
 それから、これを機会に、意識的に明るい面を見ることもやってみてください。
「コロナのせいで」と言ってしまうと、マイナスのことばかり出てくると思います。
「コロナのおかげで」と言うと、プラスの面に目を向けられると思います。
 私もコロナのおかげで、家族と過ごす時間が増えました。Zoomなどのオンライン会議システムに詳しくなることができました。YouTubeにもチャレンジすることができました。皆さんにも、プラスの面があったのではないかと思います。まずは、気分を上げるべく、プラスの面に目を向けてみてはいかがでしょうか。

前の記事

次の記事