勝ち株ナビ

松尾彩香の
あやかの銘柄リサーチ

前の記事

次の記事

公開日 2018年4月20日

リサイクル≠リユース

(※こちらで紹介している銘柄は「松尾個人の応援」であり、「推奨銘柄ではない」のでご注意下さい。)

みなさんこんにちは、松尾です。

お昼は最近暖かく暑いぐらいですが、まだまだ朝晩は少し肌寒く、風邪をひかれないようにご自愛くださいませ。

昔はアパレルショップで働いたこともあるぐらいにはお洋服やバッグや靴などのアパレル商品が好きなわたしですが、いかんせん荷物が増えてしまって困っております。

そうすると中国のお友達が「日本のリユース品って品が良いから中国人の中流階級の人は良く質屋で買って帰るよ~。日本人って真面目だから偽物売ってないしね。」とのこと。

最近は不要になったものを買い取ってくれるも店舗も多く、利用してみようかなーとも思っています。

あっちなみに、リサイクルショップと昔呼ばれていたものは最近リユースショップと呼び名を変えているところが多いようです。

リユースとは使用済みになっても、その中でもう一度使えるものはごみとして廃棄しないで再使用することを指します。

一方リサイクルとは、再使用ができずにまたは再使用された後に廃棄されたものでも、再生資源として再生利用すること。

全然知りませんでした。日本語ムズカシイ…(笑)

その関連で気になっているのが、【9270】SOUです♪

3月22日に東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した、新しいリユースビジネスを行う企業です。

同社の特徴として通常の質店と違い、買い取り専門の店舗で買い取った品物は自社で業者向けのオークションを開催し、リユースショップなどに卸販売しています。

オークション出展は単価は5万円以上のものが多く、およそ95%が落札されてほとんど在庫を残さないという仕組み。

2016年より販売事業として実店舗での販売も行っています。

質店と言えばブランド品がずらっと並んでいて入りにくい雰囲気でありますが、同社の運営する店舗は女性でも入りやすく一見すると質店に見えないのも特徴です。

最近では、ブランド品を撮影するだけで査定してくれるスマートフォン向けアプリ「miney(マイニー)」も開発。

持っているブランド品などを撮影すると数分で査定し、いくらで買い取ってもらえるか相場を教えてくれ、これまでの価格の推移も分かる優れもの。

そして同社の社長さんは、なんと元Jリーガーなんだとか。

同社社長は「一般消費者から買って一般消費者に売る方が粗利率は高いが、(ブランド品などは)日々価値が減少していく。(安くても)利益を確定する売り方でオークションを通じてものを売り、新たな投資に向けていく」と話しています。

この事業の資金を基にして次はどんな新しいビジネスに投資していくのかも気になるところですね!

今後も【9270】SOUに注目していきたいと思います。

ではでは~皆様ごきげんよう!また来週♪

前の記事

次の記事


松尾彩香(まつおあやか)

甲南女子大学文学部メディア表現学科を卒業。在学中は合コンとメイド喫茶(笑)のバイト三昧!卒業後はITベンチャーに就職しタイ法人の設立に尽力。順風満帆のところ、ある日出社すると会社はもぬけの殻・・・(倒産)
現在、人生の切り返しを目指して株の猛勉強中!