勝ち株ナビ

松尾彩香の
あやかの銘柄リサーチ

前の記事

次の記事

公開日 2018年9月21日

スポーツの秋がやってきました!

(※こちらで紹介している銘柄は「松尾個人の応援」であり、「推奨銘柄ではない」のでご注意下さい。)


世間は総裁選に注目が集まっておりますが、私が注目すべきは「東京ゲームショウ2018」です。

1996年に始まった東京ゲームショウは、2016年から600を超える企業・団体が出展を続けており、来場者数も2013年から5年連続で25万人以上を記録するなど、国内外から注目されるイベントとして拡大しています。

中でも今年注目なのが、対戦ゲームを競技として捉え、従来のスポーツのようにプレイと観戦を楽しむ「eスポーツ」です。

東京ゲームショウでは昨年、大幅にリニューアルしたeスポーツ大型ステージ「e-Sports X(クロス)」を日本eスポーツ連合と共に開催し、国内外へ発信していくそうです。

アジアオリンピック評議会は4年に1度開催しているスポーツ国際大会「2022年 アジア競技大会」で、eスポーツを正式なメダル種目にするとのことで注目していますが、最近ゲーム関連銘柄は人気が今一つ。

このイベントをきっかけに再びゲームセクターに流れが来て欲しいものですね!

さてさて~今回わたしが応援したいのは【6050】イーガーディアンです。

SNSやソーシャルゲームの運営者向けに監視や顧客サポートなどのサービスの提供、広告審査業務や広告枠管理等のアド・プロセスサービスを提供する総合ネットセキュリティ企業です。

ゲームサポート事業、ソーシャルサポート事業、アド・プロセス事業に大きく分かれています。

ゲームサポート事業では、モバイルゲーム・ソーシャルゲームの市場が順調に拡大しており、その中で中国系、韓国系など海外ゲーム企業の日本参入に伴う多言語カスタマーサポート業務が成長のドライバーとなっているようです。

ソーシャルサポート事業では、ソーシャルメディアや仮想通貨の進展が追い風となり、仮想通貨関連の本人認証業務の受託が伸びています。

アド・プロセス事業では、2018年2月8日付けで仮想通貨取引所や広告代理店を対象に仮想通貨に関する広告の審査代行を行う「仮想通貨広告パトロール」の提供を開始しています。

その他事業では2017年1月に連結子会社化したアイティエスの売上げが加算され増収となっています。

総合ネットセキュリティ企業である同社の活躍の場も増えていくでしょう。

「eスポーツ(e-sports)」のチーム「e-Guardians(イーガーディアンズ)」を創設しているところも注目ポイントですね。

今後も【6050】イーガーディアンに注目していきたいと思います!

ではでは~皆様ごきげんよう!また来週♪





前の記事

次の記事


松尾彩香(まつおあやか)

甲南女子大学文学部メディア表現学科を卒業。在学中は合コンとメイド喫茶(笑)のバイト三昧!卒業後はITベンチャーに就職しタイ法人の設立に尽力。順風満帆のところ、ある日出社すると会社はもぬけの殻・・・(倒産)
現在、人生の切り返しを目指して株の猛勉強中!