勝ち株ナビ

松尾彩香の
あやかの銘柄リサーチ

前の記事

次の記事

公開日 2021年2月19日

寝てたら儲かるんですぅ~

(※こちらで紹介している銘柄は「松尾個人の応援」であり、「推奨銘柄ではない」のでご注意下さい。)

550万ーーーーー!!!仮想通貨の躍進が止まりませんね!

国税庁によると仮想通貨全体の価格が急騰した2017年の1年間で、仮想通貨に投資して1億円以上の収入を得た“億り人”と呼ばれている人は確定申告をした人だけでも331人なんだとか。

仮想通貨は「累進課税」なので、1億円だと約42%は税金!

「給与所得」で1億だと50%以上!

「株式売却益」は1億の20%程度!

と考えると、どうせ始めるなら株がやっぱりいいですよね~♪

さてさて~~~今回私が応援したいのは、【7713】シグマ光機です。

国内最大手のレーザ用光学関連部品メーカーです。

レーザ用光学要素部品をはじめ、レーザ用ユニット製品・システム製品の設計・開発、製造、販売に取り組んでおり、大学・官公庁の研究開発分野でのレーザ応用技術の基礎研究段階から、民間産業分野の研究開発部門での製品開発段階や製造部門での製品実機への組込み用途まで行います。

そもそも「半導体レーザー」ってなによ?ってことで調べていたら同社に行きつきました(笑)

半導体レーザーとは「レーザーダイオード (Laser Diode)」とも呼ばれ、LASERは "Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出による光の増幅)"の頭文字をとったものでLDと略されることもあり、レーザー発振の条件を満たしたLEDのこと。

しかし半導体レーザーからの光はレーザーであるため、LEDの発光のように波長や振幅にバラつきはありませんので制御が非常にしやすい。

LEDはそのほとんどが照明用や情報機器用の光源として使われているのに対し、レーザーはその指向性の高さと制御しやすいという特長から、情報機器はもちろん、医療機器、工業加工装置、軍事機器など、幅広い分野で利用されているんだとか。

同社が扱うレーザ用光学要素部品とは、レーザ光の集光・反射などに利用するレンズやミラー、プリズム、そしてそれらを固定させるホルダーや対象物等の微細な移動を実現するステージなどを総称したもの。

研究機関や産業分野で活躍するレーザ用光学要素部品やそれらを組み合わせたユニット・システム製品の設計・製造・販売までをワンストップで行う、国内トップブランドでもあります。

我々の生活の中にもCDやDVD、ブルーレイディスクをはじめ、美容レーザー、はたまた産業分野の製造現場における加工や検査・測定や土木工事の測量など様々なところに利用されています。

このさなか上方修正も行い製品ポートフォリオの改善と生産の効率化、全社的な経費削減などの推進で利益を押し上げる努力が見られた会社ですので応援したくなりました!

これからも【7713】シグマ光機に注目していきます!

ではでは~皆様ごきげんよう!また来週♪

前の記事

次の記事


松尾彩香(まつおあやか)

甲南女子大学文学部メディア表現学科を卒業。在学中は合コンとメイド喫茶(笑)のバイト三昧!卒業後はITベンチャーに就職しタイ法人の設立に尽力。順風満帆のところ、ある日出社すると会社はもぬけの殻・・・(倒産)
現在、人生の切り返しを目指して株の猛勉強中!