勝ち株ナビ

松尾彩香の
あやかの銘柄リサーチ

前の記事

次の記事

公開日 2022年3月4日

100万ドル

(※こちらで紹介している銘柄は「松尾個人の応援」であり、「推奨銘柄ではない」のでご注意下さい。)

ウクライナ現地紙の「キーウ・ポスト(kyivpost)」は1日、公式ツイッターのアカウントに「ロシア連邦国防部はウクライナとの戦争で戦死したロシア軍人らの家族に1万1,000ルーブル(約1万2,000円)を支給するだろう」と書いたとの報道があり、驚きました。

国に命を懸けて1万2000円・・・驚きです。

しかしびっくりしたのがロシアの最低賃金。

2022年1月1日から月額1万3,890ルーブル(約2万835円、1ルーブル=約1.5円)とのこと。

日本も賃金が数十年上昇せず置いてきぼりを食らっているなと思っていましたが更に更にその上をいくとは・・・驚きです。

まぁウクライナとロシアの情報戦という可能性も有りますので話半分で聞いておくとしましょう。

さてさて~~~今回私が応援したいのは、【2768】双日です。

ニチメン株式会社と日商岩井株式会社の両社が、2003年4月に持ち株会社を設立し、翌2004年4月に合併して誕生した一番新しい総合商社です。

現在の総合商社とは、三井、三菱、住友、伊藤忠、丸紅、豊田通商、双日の「七大商社」を指しており、その中で売上的にはダントツで規模は小さいです。

旧財閥系の3社は「組織の三菱、人の三井、結束の住友」伊藤忠はアパレル、丸紅は食料は発電、豊田通商はトヨタグループの商社であり、各々強みがあります。

双日は米国のボーイング社の販売代理店として全日本空輸や日本航空に大型旅客機を販売しており、航空事業に特に強みを持ちます。

三菱商事と双日の合弁会社であるメタルワンは世界最大規模の鉄鋼総合商社であり、総合商社唯一の炭鉱操業も行うなど金属。資源・リサイクル分野にも力を入れています。

総合商社でありながらベンチャー企業のようなチャレンジする志を持つ社員が多いのも特徴で、今後各事業が拡大していく余地も十分ですので更なる躍進に期待できそうです。

これからも【2768】双日に注目していきます!

ではでは~皆様ごきげんよう♪

前の記事

次の記事


松尾彩香(まつおあやか)

甲南女子大学文学部メディア表現学科を卒業。在学中は合コンとメイド喫茶(笑)のバイト三昧!卒業後はITベンチャーに就職しタイ法人の設立に尽力。順風満帆のところ、ある日出社すると会社はもぬけの殻・・・(倒産)
現在、人生の切り返しを目指して株の猛勉強中!